学習意識と意欲を変えるには・・・

お問い合わせはこちら

ブログ

学習意識と意欲を変えるには・・・

2019/09/20

学習意識と意欲が変われば 成績も変わります

昨日の続きです・・・「今から何を勉強すればいいの?」という確認の質問をなくす方法

「明日の予定をしっかり立てて仕事をこなしていく」

「目の前の仕事を優先順位もつけずに片づけていく」

その成果はまったく違いますよね。

 

 今年の夏期講習中、長期参加の小学生と中学生のみなさんには、

「学習日誌」を毎日書いてもらっていました。

1科目60分の学習が終われば、その内容と自己評価を記入する。

「明日のこの時間に何に取り組むか」いちばんの目的は、

次回の学習予定を記入してもらうことだったのですが、

そこまでは徹底できませんでした。

こちらで内容のチェックもほとんどしていません。

 

 それでも、ほぼ全員ののみさんが、毎日びっしり書き込んでいました。

いちばんの収穫は、毎時間の講習の始まりに「なにをすればいいの?」

という確認の質問がほとんどなくなったことです。

こちらが指示しなくても、さっとテキストを出して学習を始めていました。

小学生にはまだ無理かな、と思いながら始めたのですが、

中学生よりも小学生のほうが、食いつきが良かったのには驚きました。

 

 こちらが指示をしないと学習を始めない。指示されたことを言われたとおりに学習するのと、

「今からなにをするのか」自覚をもって学習を始めるのとでは、天と地ほどの差があります。

学習意識や意欲が変わり、おのずと学習の成果も変わってきます。

 

 学文塾では、この学習計画レポートを『学習行動計画&学習日誌』と名付けていますが、

じつは、今まで何度も試しながらうまくいかず、途中で挫折していましたが、

今夏の夏期講習で試してみて、なんとか目途がたったように思います。

 

 ただいま、その『学習行動計画&学習日誌』を改良しています(名称も変更?)。

10月の後期より、全員とは言いませんが、何人かのみなさんに試してみて、

検証しながら形にし、学文塾の指導に定着させていきたいと思っています。