教えることは難しい・・・

お問い合わせはこちら

ブログ

教えるとこは難しい・・・学文塾代表の一人反省会 その1

2019/09/10

こんな簡単なことは「わかっているはず」「できるはず」

学文塾代表の一人反省会・・・その1

  私、学文塾を33年も続けてきながら、

教える上で、気づかされることや「失敗したな」と思うことは、

自分でもあきれるほど日常茶飯事です。この気づきや失敗例が、

ご自宅でお子さんに勉強を教えられるときに、もしかしたら参考になるかもしれません。

ということで、シリーズ化?して、随時お伝えしたいと思います。

 

 いちばんよくやってしまう失敗例・・・その1

この子にとって、こんな簡単なことは「わかっているはず」「できるはず」という思い込み。

 

 日ごろ教えていて、この子の年齢や学年を考えれは、

もう学校でも習って理解しているはず、できて当たり前、

とうっかり思い込んでしまうことがよくあります。

理解していることを前提に、その学年にふさわしい?内容とレベルで教えようとしてしまう。

じつは、もっと前の学年で習う基礎の部分が理解できていない。

 

 理解できていないことを、こちらも薄々感じ取ってはいても、

その躓いているところまで戻って教えることに躊躇してしまう。

学校の学習はどんどん進んでいきますから、「テストに間に合わない」

その進行に合わせて教えていかなければならない、という焦りもあります。

授業回数を考えれば、元に戻ったり、立ち止まったりしている余裕もありません。

 

 中学生が小学の学習内容に戻って、高校生が中学の学習内容に戻って、

復習や学び直しをするのは、教えられる中学生や高校生にとってはイヤなのことなのでは?

と、ついつい思ってしまいます。

でも、実際は、中学生でも高校生でもそれほど抵抗感はないようです。

わからないことが理解できて、少しでもできるようになることのほうが

充実感も自信も持てるようになるようです。

 

  その学年に見合った内容を、できれば高度なことを教えたくなるという、

 変なプライドとこだわりを持っているのは、教えるこちら側なのかもしれません。