レベルの高い学校に入れば、おのずと学力アップする?

お問い合わせはこちら

ブログ

レベルの高い学校に入れば、おのずと学力アップする?

2019/11/06

足立区の学校選択制度を利用して、小学校や中学校を選ぶ

学校選択制度にはデメリットも・・・

 レベルの高い集団に混じれば、おのずとレベルアップする。

そう思われるかもしれませんが、そのレベルの高い集団についていけるだけの

実力や素質が備わっていなければ、悲劇になります。 

 

 学校選択制度を利用して、足立区の公立中学校の選んだとしても、

その中学校のレベルが高ければ、授業レベルも高く授業も厳しい、のが普通です。

その中で鍛えられれば、本人の学力もアップする、と思いがちですが、

本人についていくだけの実力や能力が備わっていなけれは、

授業や集団ついていけないことになります。

 

 あってはならないことですが、もしかすると、その集団内でお荷物になり、

教師にも相手にされなかったり、ほっておかれたりすることにも。

 

 レベルの高い定期テストでも、点数が稼げませんから内申点が取れません。

私立高校の推薦も併願も内申点でほぼきまりますので門前払いに。

都立高校もオール3くらいはないと普通科は厳しいでしょうし。

「行く高校がない」ということにも。

 

 保護者のみなさまの期待が大きすぎて、あるいは、

入学後の成績の悪さに焦りを感じられて、

お子さまに大きな負担とプレッシャーをかけることになり、

ますます勉強に対してやる気をなくす。悪循環です。

 

 こういったケースを毎年のように見ています。

「この子の学力や性格から見て、無理せずに区域内の近くの中学たっだら、

もっと伸び伸びと勉強にも自信が持てていたのでは」と思うことがよくあります。

 

 足立区内の小学校や中学校では、生徒数とクラス数に大きなアンバランスが生じています。

学校選択制度っていいのでしょうか? いつも疑問に思っています。

 

 さらに明日にに続きます。