自分のことは棚に上げておくことにして・・・

お問い合わせはこちら

ブログ

自分のことは棚に上げておくことにして・・・

2022/07/05

「もっと勉強しろ!」というのは簡単ですが・・・

「どうして、こんな簡単なことがわからないのかな~」

「どうして、こんなミスをするのかな~」

「どうして、この前教えたことをおぼえていないのかな~」

「どうして、もっと勉強しないのかな~」

 

 今だから、簡単なことのように思えることも、

小学生や中学生のころの自分は、果たしてできていた・・・?

 

学校では、いつも真剣に授業を聞いていたっけ?

 テストの点数は、いつもよかった?

毎日計画を立てて、決まった時間に勉強していた?

思い返してみると・・・

 

 自分の得意なことや、簡単にできることは、

他の人もできると思い込んでしまう。

「こんなことがどうしてできないの?」とイライラする。

 

 自分が昔できなかったことも、できていたように錯覚し、

他の人に「きっとできるから」と強要する。

 

 自分ではやってみようともせず、

他の人には「がんばればできるはず」と叱咤激励する。

 

 相手に対して、どうしても、

期待のほうが大きくなってしまう。

上から目線になってしまう。

実力以上のものをもとめてしまう。

 

 良さそうな情報をうのみにして、宣伝にあおられて、

相手にそれを押しつけてしまう。

 

 そうして、相手に強要している自分に、いつもあとから気づく。

思い通りの結果になることは、まずありません。

 

 今よりももっと、

いい成績が取れるようになってほしい。

時間をかけて勉強してほしい。

 

いい点数を見てみたい。

熱心に勉強している姿を見てみたい。

・・・それは、こちら側の期待であって。

 

 今の自分がどうであるか、過去の自分がどうであったか、

それはともかく、それはそれとして、自分のことは棚に上げておいて

相手に対する期待がどんどん大きくなっていく。

 

 その期待感が強まるほど、強く求めるようになればなるほど、

相手との距離が開いていくものかもしれません。

 

 自分にはできていたかどうか、どれほど大変だったか、

その当時を振り返ってみる。相手の目線に立って考えてみる。

 

 それができるかどうかは、心と時間に余裕があるかどうかでしょうね。

 遠すぎず、近すぎず、相手との適切な距離を保つことも大切。

 

  その難しさを、いつも感じています。