『楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ』

お問い合わせはこちら

ブログ

『楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ』

2022/03/10

「やる気が出るから勉強できるのではない、勉強するからやる気が出るのだ」

感情をコントロールするのは難しい。だから、まずは行動する。

 「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ」

アメリカの心理学者ウィリアム・ジェームズの言葉だそうです。

 

 そういえば、「笑う門には福来る」というのがありますね。

福がやってきたから笑うのではなく、笑うから福が舞い込んでくる

そのような意味だと思います。

 

 面倒なこと、やりたくないことは、できすだけ先送りしたくなります。

できることなら手を付けたくない。もうこれ以上、先延ばしにできない状況に

追い込まれて、ようやく、しかたなく取りかかる。毎日がそんな繰り返しです。

 

 塾の新年度がはじまり、かたづけなければならない作業が山積み。

気が遠くなるような、気をき失いたくなるような作業を前にして、

なかなかやる気にはならないものですし、今やらなくてもいいことを始めたり、

やらなくてもいい口実をあれこれ考えたり・・・。

そんな時間があったら、さっさと取りかかれ!と、つぶやいてみてむなしくなるだけ。

なにからてをつければいいのか。考えただけですべて投げ出したくなります。

でも、しかたなく手をつけてみると、案外とすいすい片付いていく。

この「0」から「1」に進むのが一番大変です。

 

 小学生、中学生、それに高校生の皆さん、

勉強もそうではありませんか? 毎日の宿題はどうですか?

 

 学校の定期テストがもうすぐ始まるというのに、

直前までテスト対策の勉強を始めようとしない。

 

 来年の今ごろは受験も終わっているころなのに、あと1年もないのに、

]心の中には、漠然とした黒い塊のようなものがあり、

その重苦しさを感じながら、受験勉強をしなくては、と思いながら、

何をどう勉強していいのかわからず、受験勉強を始める気にならない。

受検生としての自覚がないわけでもない、ただ、やる気が起きないだけ。

やる気を出さなければ、と焦っている人もいるかもしれませんね。

 

「自分はまだ、やる気を出していないだけ。やる気さえ出れば、

 定期テストの点数や順位は一気に上がるはず。」

「やる気さえ出れば、偏差値なんか一気に上がり、第一志望降格は間違いなし!」

・・・でも、そのやる気は、いったいいつ出てくるのですか?

 

上のことはを勉強に置き換えてみると、このように言えるかもしれません。

 

「やる気が出るから勉強できるのではない、勉強するからやる気が出るのだ」

 

 勉強に対してやる気がない。やる気を出して勉強しようとするから、

いつまでたってもやる気は出てこないし、勉強をはじめても長続きしない。

気持ちが先なのですね。勉強に限らず、「やる気が起きない」ということ自体、

「やりたくない」ということのいいわけになっているのでは?

 

 とにかく、机に座って、テキストを開いて、勉強に手を付けてみる。

いやいやながらも何かを始めたら、いつの間にかのめり込んで熱中している

自分に気づいた。そんな経験は誰にでもあるのでは?

 

 感情と行動が、反対なのではないかと思います。

やる気を出すには、いやでも勉強しなければならなくなる環境に身を置くことです。

やる気は後からついてきます。 「今度のテストで」100点をとってやろう」

やる気にはきっかけとなる動機が必要です。思い付きで決意表明しても、

それは実行できませんし、結果も出ません。

 

 その動機が、純粋なものであろうと、不純なものであろうと。

90点をとったから、100点を目指す。人は足りない部分を補おうとします。

テストで0点だったから次は100点をとろうという気にはなりません。

47都道府県のうち40個を覚えていれば、あとの7個を覚えようとします。

反対に、7個しか覚えていなければ、残りの40個を覚える気にはなりません。

 

 テストでいつも80点、90点をとっている子は、ますます頑張ります。

いつも20点、30点の子は、意欲的にはなりません。

 

 人は、安定を好みます。いつもの同じ場所に安心感を覚えます。

違う場所に身を置くと居心地が悪くなります。元の位置に戻ろうとします。

しかし、その位置で踏ん張っていれば、その新しい場所が定位置になります。

 

 変な例ですが、自転車のサドル、少し上げただけでも違和感を覚えます。

しかし、すぐに慣れてしまいます。サドルを上げたことも忘れてしまいます。

しばらく時間をおけば、新しい環境に適馴染んでいくものです。

 

 話がそれてしまいました。いつものことですが・・・。

 

まとめますと、

  やる気を出す ⇒ 勉強時間が増えて成績が上がる 

のではなく

 とにかく勉強に手をつける ⇒ やる気が出る 

 さらには、意欲的、自立的な学習ができるようになる

 

 とくに苦手なものに取り組もうとするときに、やる気を出すのは難しいことです。 

ものの見方を変えれば、考え方が変わります 気持ちも変わります。

気持ちを変えようとする。それから、行動しようとする。

 

 そうではなく、まずは、この場所に身を置けば、

やらざるを得ない環境を見つけるのがいいかもしれませんね。

いつも勉強している机の前に座ると、条件反射的に勉強を始める。

まずは、そういった環境作りから始めるのがいいかと思います。

 

 何曜日の何時から何時まで塾に行って勉強する。

まわりの子たちは黙々と勉強している。

だから、いやでも勉強しなくてはならなくなる。

そんな環境が、学文塾にもあります。

学文塾では、新年度塾生募集キャンペーンの真っ最中です