新型コロナの影響を一番受けているのは中学2年生?

お問い合わせはこちら

ブログ

新型コロナの影響を一番受けているのは中学2年生?

2021/06/08

中学1年生のみなさんは大丈夫ですか?

 当学文塾は、足立区の片隅の小さな個人塾ですし、

生徒数も少ないですので、全体的な傾向はわかるはずもないのですが、

新型コロナの影響をいちばんに受けているのは、

今の中学2年生ではないかと、思っています。

 

 中学入学のしょっぱなから、3か月間の長期休校。

中学生活のリズムかつかめないまま、

短い夏休みが過ぎ、秋になり、年を越し、

そうして、この春から2年生に。

 

 学習内容の遅れだけではなく、学習のペースが作れず、

学習に対する意欲も、いつもの年より弱い気がします。

その危機感からか、年明けから今春にかけて、

新中学2年生の保護者の方からのお問い合わせが急増し、

入塾したみなさんも多く、弊塾で最も多い学年を構成しています。

 

 小学から中学1年生に上がり、また、新中1の春から

今中学2年生になっている塾生のみなさんと、

いやでも比較してしまうことになります。

 

 在塾生のみなさんは、学校の授業にもそれなりにしっかり

ついていっていますし、学習意欲もそれほど問題はありません。

コロナ禍の逆境で、かえって学習意欲が増しているようにも思います。

弊塾の全学年のみなさんがそうでした。

 

 それだからこそ、なおさら、新しく入塾された中学2年生のみなさん、

はっきり申しまして、かなりの重症です。深刻な状況の人が多くみられます。

それは、学力の面というより、学習に対する姿勢や意欲が、

いつもの年とは異なり、かなり減退しているように思います。

 

 学習意欲がそこそこでしたら、学力を上げていくことは、

それほど難しいことではありませんが、学習意欲や姿勢から

改善していかなければならないとなると、

正直、かなり苦労しているのが現状です。

このまま3年生になり、高校受験になると・・・。

 

 中学1年生のみなさん、

入学してからそれほど授業に影響も受けずに

2か月がたったと思いますが、新型コロナに関わらず、

中学の授業に対して本気で取り組めていないようでしたら、

1年後には、今の中学2年生と同じような状態になっているはずです。

 

 学習指導要領の改訂で、教科書も学習内容も大きく変わっています。

それにともない、2年後の高校受験も大きく変わるはずです。

 

 足立区内の中学1年生のみなさん、

もうすぐ前期の中間テストですね。

中学での学習が順調にスタートしたかどうかは、

その結果でわかるはずです。

 

 もし、満足な結果が出なかったなら、

そのままずるずると中学3年間が過ぎていくと思います。