中学3年生のみなさん、高校入試のことを考えると気が重くなっていません?

お問い合わせはこちら

ブログ

中学3年生のみなさん、高校入試のことを考えると気が重くなっていません?

2019/10/15

中学3年生のみなさん、前期の成績はどうでした?

高校入試に響くからと、必死にがんばった前期の期末テスト結果はどうでした?

 来春高校受験を控えている中学3年生のみなさん、

考えたくなくても、考えないようにしていても、高校入試のことが頭に浮かんできて、

気が重くなる頻度が高まってきているころなのでは? 

高校受験する本人は平気なようすで、保護者の方のほうがそうかもしれませんね。

 

 これからますます、その頻度が増していきます。

学校説明会に参加したり、会場テストの点数や偏差値、合格可能性を見たりすると、

今まで他人ごとのように感じていた高校入試が現実のものとして目の前に突きつけられ、

焦りや不安を感じているでしょうね。

そうでもない?・・・もう少し、焦りや不安を感じたほうがいいと思います。

 

 必死にがんばった前期の期末テスト結果はどうでした?

内申点が都立高校も私立高校も響きますから、前期の期末テストは必死に頑張ったと思います。

果たしてその結果は、前期の評定に思い通りに現れましたか?それとも・・・。

 

 後期の中間テストまで1か月ちょっとしかありません。実質的には中学最後の定期テスト。

これで高校入試がほぼ決まると言っていいくらい重みのあるテストです。

11月になってテスト対策で追い込むより。今日からコツコツと積み重ねていきましょう。

まずは、学校の授業に意欲的、積極的に取り組むことでしょうね。

 

 学文塾では、この10月中は、どの科目も高校入試につながる内容を押さえて指導しています。

11月に入れば、ひたすら後期の中間テスト対策に切り替えます。

「学校行事などで忙しく勉強が手につかない」といったことにならないように、

しっかり地に足がつく学習をしていきましょう。そのための学文塾の個別指導ですから。