中間・期末テスト対策の勉強方法がわからない・・・

お問い合わせはこちら

ブログ

中間・期末テスト対策の勉強方法がわからない・・・

2022/06/10

学文塾特製「受験・定期テストのための学習計画シート」を使えば・・・

■「中間・期末テストに向けて何をどう勉強すればいいの?」 

 

 足立区内の区立中学では、来週と再来週にかけて前期中間テストです。

その前に、運動会などの行事、中学3年生は修学旅行と、

定期テストどころではない、という人もいるかもしれませんが、

中学校単位のテストですから、条件はみんな同じです。

 

 幣塾の通常授業は、中間テストの2週間ほど前から、

テスト対策に切り替えて指導しています。

 

 今月の土曜日と、19日の日曜日は、中間テスト対策の無料補習を

朝から夜まで行います。自習スペースも利用できます。

 

「家では勉強する気にならない」

「行事に振り回されて勉強が手につかない」

「通常授業で学習していない社会や理科の対策勉強をしたい」

という中学生のみなさん、ぜひ利用してください。

9:00~21:00の間で何時間でもOK、出入りも自由です。

2日前までに予約をお願いいたします。

 

 「中間テストや期末テストに向けて、何をどう勉強すればいいのかわからない。

 点数の上がる効果的な勉強方法を教えてほしい」とよく聞かれます。

 そのほとんどが、学習意欲に乏しく、ふだんから勉強する時間の短い

 中学生のみなさんなのですが。

 

 

〇まずは、時間をかけて対策勉強をすることでしょうね。

  1科目あたり、どれくらいの時間をかけて勉強していますか?

 いつも、テストの点数のいい人は、たっぷり時間をかけて

 勉強しているはずです。

 

  中間テストや期末テストは、出題範囲が決まっていて

 学校の授業で習ったことからほとんど出ますよね。

 ですから、時間をかけて勉強すれば、点数がとりやすくなります。

 

  試しに、これまでのテスト対策に時間の2倍、3倍の時間をかけて

 テスト対策の勉強してみては? 一気に点数が上がることは間違いありません。

 そんなに長時間の勉強に耐えられない?

 でしたら、上の中間テスト対策無料補習に参加してみてください。

 まわりで黙々と勉強していますから、イヤでも勉強する気になりますよ。

 勉強せざるを得ない時間と環境に身を置いてみる。図書館などでもいいでしょうが。

 

 

〇学校の問題集など、早めに提出物に取り組む。

  提出しなければ、内申点に響きますよね。

 提出期限ギリギリにあわてて答えを映して提出、では意味がありません。

 問題集やプリントなどからも出題されますよね。

 

  ふだんから、授業の進度にしたがって、問題集をコツコツ進めていくのが

 ベストな方法ですが、なかなかできないものでしょうね。

 問題集は、教科書に準拠していて、しかもいい問題ばかりです。

 しっかり学習していけば、着実に実力がつきます。

 内申点のためだけに利用するのはもったいないです。

 

  上の定期テスト対策無料補習や自習時間を、

 この提出用の問題集をかたづけるために利用している人が多いですね。

 定期テストの2週間ほど前からテスト対策に切り替える通常授業でも、

 この提出用の問題集に取り組んでいる中学生もいます。

 

  テストの点数がイマイチ、という人には、通常の授業中でも、

 テスト対策にこの勉強をお勧めしています。個別指導ですからできることです。

 提出用の問題集から出題されるのなら、これがいちばん効果的な

 テスト対策の勉強法です。

 

  それにしても、どの科目でも提出用の問題集やプリントが配布されています。

 その数と量が多すぎて消化不良を起こしています。

 期限までに答えを映して提出。何の意味もないような気がします。

 今どきの中学生は大変ですね。はるか昔は、教科書以外に問題集や

 「おまとめプリント」もなく、教科書と授業中のノートだけが頼りでした。

 

  その分、ノートの取り方やまとめ方が身につき、その経験が今も生きていますが。

 「おまとめプリント」を配られるから、そんな労力も必要ない。

 かえって、まとめる力や要約する力を身につける機会を奪っているのでは、

 と思います。学校の先生も、そうでもしなければ、面倒見の悪い先生、

 という評判がたち、子どもたちや保護者の方から、つるし上げをくうことにも

 なるのかもしれませんね。仕事が増えて大変でしょうね。

 話がずれてしまいました。さて、ここからが本題?です。

 

 

〇学文塾特製「受験・定期テスト対策のための学習行動計画シート」

 

  「勉強しようと思っても、長く続かない」

  「中間・期末テスト対策の勉強方法がわからない」

  「テスト対策に向けて勉強する気ない」・・・

  いつも点数がぱっとしない中学生のみなさん、そんなお悩みをお持ちなのでは?

 定期テストで成績がイマイチ。いつも低空飛行で伸びていかない。

 そういうお子さんは、勉強方法ばかりに目がいってしまうものです。

 そうして、勉強方法がわからない」「勉強する気にならない」となってしまいます。

 

  私たち講師は、塾で勉強を教えるとき、お子さんの今の学力や学習姿勢や

 勉強に対する意欲、今までどのような勉強をしてきたのか、

 それに、その子の性格などが、きちんと把握できていれば、

 この先、どのように指導していくのがいちばん効果的なのか、

 判断しやすくなります。

 

  当学文塾では、15日間の無料体験学習期間を設けて、

 何回か体験していただいております。幣塾の指導システムや方法が、

 お子さんに合っているのか、ご確認いただくことを目的としていますが、

 一方、当方も、上のようなお子さんの特性を分析に、できる限り、

 詳しく把握する機会と位置づけています。

 

  同じように、

 どの科目でも、自分はどこが苦手で、どこがわからなくて、

 この分野ならだれにも負けない、そのような自己分析が

 お子さん自身でできるかどうか、これが大切だと思います。

 

  「ここが理解できていない」「個々の部分がダメだからもっと勉強しろ」

 などと他人から弱点を指摘されると、誰でも頭に来ますよね。

 やる気もなくしますよね、自己分析して自分の弱点に気づくほうが、

 まだ傷つかないと思います。素直に現実を受け入れることもできるでしょうね。

 

 

  当学文塾では、「受験・定期テストのための学習行動計画シート」

 なるものを用意しています。定期テストの出題範囲表が配られると、

 このシートを中学生のみなさんにお渡しします。

 

  まず、各科目の左の欄に、弱点分野や得意分野を自己分析してもらいます。

 それから、その横の右の欄に、その弱点を克服するための対策や方法などを

 書いてもらいます。定期テスト日までに、毎日あるいは定期的に繰り返す

 ルーティンも記入してもらいます。

 

  そして、目標点を設定します。テストが返されれば、得点を記入します。

 目標点と実際の得点。不思議なことに、ほとんど誤差がなくなります。

 目標点78点、戻ってきたテストの点数も78点ピタリ!

 ちょっと感動?ですよね。「満足度〇〇%」を記入する欄もあります。

 

  だいたい、誤差が±5点になるように目標点を設定するように勧めています。

 「そんなことは不可能」と思われるかもしれませんが、なぜかそうなります。

 

  人は目標設定すれば、それに向かって無意識に行動する、と言われています。

 それがいい予想であっても、悪い予想であっても。

 

  目標点と実際の得点がの差が大きいということは、

 自己分析の段階が、きちんとできていない、ということでしょう。

 

  繰り返しになりますが、このシートの一番の利点は、

 遠い未来ではなく、1週間2週間先といった目前の具体的で実現しやすい

 目標設定をすることになりますから、取り組みやすいということです。

 

  それに、他人に指摘されたものではなく、自分で自己分析したものですので

 愛着?がわきますから、「実行しなければ」という気になりますよね。

 実際に行動するようになりますから、設定した目標点に近づくことになります。

 

  設定した目標点が、実際の得点と大きく外れない、ということは、

 「やればできるんだ」という大きな自信につながります。

 目標点を少しでも越えればなおさらです。

 

  「自分で自己分析し、自分で目標設定し、実行する」

 そのための「受験・定期テストのための学習計画シート」です。

 これは、当学文塾の自立学習をめざす個別指導のシステムの1つです。

 

  このシートを試してみるには、今度の前期中間テストが絶好の機会です。

 でも、中学生のみなさん全員に配布しているわけではありません。

 ある程度の期間、お子さんの学習の様子を見ていて、「この子には向いている」

 と判断した場合のみお渡ししています。

 

 

  このシートは、春期講習や夏期講習でも使えます。

 なんとなく講習に参加して、なんとなく勉強して、終われば帰っていく。

 それでは、講習に参加する意味がありません。

 

 「夏期講習のための学習行動計画シート」(仮称)に、各科目の自己分析をする。

 その弱点克服のための対策や方法、また、ルーティンを自分で記入する。

 最後に、自己満読度〇〇%を記入します。

 ここで自己評価し、100%とか120%とか書ければ、

 ものすごく自信と勉強に対するやる気が起きる!はずです。

 そのあとは、ぐんぐん成績が伸びていく!はずです。

 

  そんな、自分の姿を想像してみてください。

  そんなお子さんの姿を想像なさってみてください。

 

  今月6月末には、今夏の「夏期個別講習」のスケジュールを決め、

 案内が出来上がる予定です。上のシートに加え、もっと詳しく、

 次回の学習予定と学習結果を記入するシートも使用します。

 

  当学文塾の「自立学習をめざす個別指導」を体験してみたいと思われる

 小学生、中学生、それに高校生のみなさんは、ぜひお問い合わせください。