わからないとすぐに投げ出すタイプの子は・・・

お問い合わせはこちら

ブログ

わからないとすぐに投げ出すタイプの子は・・・

2019/10/26

小学低学年のうちに地頭力を鍛える!

小学生の低学年のうちから、問題を解くのが遅くても、 じっくり考える習慣を身につけていくほうが・・・

  学文塾でも、小学生、中学生、高校生のみなさんの勉強する姿を見ていますと、

問題を解くのがものすごく速い子がいます。それで正解なら何の問題はありません。

よく考えないで答えを出して、間違いやケアレスミスが多い子は問題です。

ケアレスミスは惜しくもなんともなく、論理的な思考力や集中力に原因がある

致命的な問題ですし、長くなりますので今は置いておきますが。

 

 よく考えないで適当に?とにかく速く答えを出さなければ、と思っている子は、

間違えた問題や解けなかった問題の見直しも、適当に?終わらせてしまいます。

何も身につかずに、次々、新しい問題に手を出していきます。

間違えた問題を解き直すこともしません。基礎の反復学習に手を抜きたがります。

 

 小学生の低学年のときから、計算でもなんでも、「速く解くことが勉強」

と教え込まれてきた子、わからなければ、周りの人にすぐに押しててもらえた子は、

小学生4年生や5年生くらいになって、抽象的な問題が増えてくると、とまどいます。

いつものように簡単に解けませんから、すぐに投げ出してしまいます。

 

 そのまま中学生になってもそうです。中学1年の正負の計算、式の計算、方程式、

このあたりまではすらすらと素早く正確に答えを出せます。ところが、

方程式の文章問題あたりから怪しくなってきます。じっと問題を見つめたまま。

そしてすぐに「解けない」と投げ出してしまいます。

 

 中学2年の式の説明や図形の完全証明問題になると、もう完全にお手上げ状態に。

論理的な思考力が身についていませんから、勝手に仮定を付け加えて、飛躍したり。

国語の記述問題も苦手、社会は暗記ものだと思い込んでる。

 

 とにかく、速く答えの出せる問題にしか手を出せず(出さず)。

小学生の低学年のうちから、問題を解くのが遅くても、

じっくり考える習慣を身につけていくほうがいいと思います。

 

 学文塾の小学生コースでは、低学年のうちから、

学力だけではなく、論理的な思考力や、分析力、推察力、

それに表現力を鍛える学習能力、つまり地頭力を鍛える

個別学習をメインに指導しています。

 

 後期スタート生募集キャンペーンもあと残りわずか、

学文塾をご検討中の皆さま、来週中にお問い合わせください。

 

 次回は「速さではなく早さ」につきまして。