「いい勉強方法が見つからない・・・」

お問い合わせはこちら

ブログ

「いい勉強方法が見つからない・・・」

2021/11/20

自分に合ったいい勉強方法を見つけるには?

「いい勉強のしかた」とは?(その1)

■「いい勉強のしかた」の情報はあふれていますが・・・

 

 「いい勉強のしかたがわからない」「どうやって勉強すればいいの?」

 子どもたちからよく聞かれます。「勉強の仕方がわかっていない」

 保護者の方がよく言われることです。

 

 それは、効率的に少ない時間で勉強できて、

しかも、確実に成績の上がる勉強方法ということなのでしょうか?

残念ながら、この方法なら、だれでも確実に成績の上がる勉強の法則

のようなものはありません。

 

 「〇〇勉強法」といった内容のものが、書店やインターネットなどには

あふれていますが、それを読めば、まちがいなくテストの点数がよくなる、

そうであればいいのですが。もちろん、そういった勉強方法を試してみて、

アレンジして、自分なりの勉強方法を確立する手立てにはなるでしょうが。

 

 よさそうな情報を得ても、それだけで満足して、実際に試してみる人なんて、

めったにいないでしょうから。いわゆる、情報収集マニアで終わってしまいます。

人のことは言えません。まったく私のことです。。。

 

 そういったノウハウは、間違った情報なのではありません。

その内容を書いた人自身が、おそらくいろいろな方法を試してみて、

苦労して編み出したノウハウであって、万人に使えるものでもないはずです。

 

 紹介されている勉強方法を、同じように試してみることでしょうね。

そうしているうちに、自分なりの勉強方法が見えてくるでしょう。

 

 

■時間をかければ上達する

 

 そんな勉強のノウハウに頼らず、とことん時間をかけて勉強してみる。

はじめは時間がかかって無駄なことも多いでしょうが、

作業でも仕事でも、それに勉強でも、たくさんこなしているうちに、

もっと要領よくできる方法に気づき、より早く、より効率的にできるようになる。

こういう経験は、誰にでもあるのでは?

 

 ゲームやスポーツなんか、そうなのでは?

練習すればするほど上達する。勉強も、勉強すればするほど、

その学習内容だけではなく、勉強方法も上達していきます。

ゲームやスポーツと違って、勉強はしなければならないものだから、

なかなか取り組みにくいでしょうが。 ですから、どうしても、

楽して成績の上がる勉強方法を探し回ることになるのでしょうが。

 

 

■成績の上がる勉強のノウハウは持っていますが・・・

 

 当学文塾では、35年も塾をやっているわけですから、

勉強のノウハウはある程度蓄積しています。しかし、そのノウハウが、

小学生にも中学生にも高校生にも、誰にでも通用するわけではありません。

同じような指導方法を試してみても、一気に伸びる子もいますし、

まったく効果のない子もいます。まさに毎日が、試行錯誤の連続です。

 

 しかし、弊塾は対面の個別指導を行っていますから、

その子に適していそうな方法を選んで指導することはできます。

正直なところ、これが教える上で、何よりも難しい点なのですが。

その子その子にあった勉強方法をいろいろ試しながら、

その成果をみながら修正していくしかありません。

その前に、こちらのアドバイスを受け入れ、試してみる素直さが

その子に備わっているかどうか、が問題なのですが。

 

 

がんばっている人はカッコ悪い?

 

黙々と努力をするなんて、いまどき流行らない。

だから、がんばっている姿を人に見られたくない。

結果を出す人は、がんばる人。努力を続ける人。

それは頭の中ではわかっていても・・・。

 

 努力して結果を出している人には惜しみなく賛辞を送りながら、

自分はつらい努力はしたくない。自分の身近で結果を出した人には、

嫉妬ややっかみを持ち、あれこれ言ったり、バカにしたり。

今の世のなか、そういう風潮があるように思います。 でも、

がんばって結果を出す自分になりたいのか、

結果を出した人をあれこれ言う自分でいたいのか、

そのどちらになりたいですか?

 

 

■時間をかけて勉強しているのに、成績が上がらない。

 

 がんばって時間をかけて勉強しているのに、

テストの点数や偏差値が上がらない。

いくら勉強しても変わらないなら、勉強なんかしても無駄。

勉強する気が失せますよね。よく聞く話です。

 

 でも、ラクな勉強をしていませんか? たとえば、

英語の長文読解や英作文で、単語の意味がわからなければすぐに辞書をひく。

算数や数学で、解けなかった問題や間違えた問題の解説を読んで、答えを写して、

わかったつもりになる。できる問題ばかりを解いて、解けない問題はそのまま。

小論文や作文で、添削されて戻ってきたコメントを読んでオシマイなど。

ごく浅い、表面をなぞるような勉強をして、時間を使い、

勉強しているつもりになっているだけなのでは?

がんばっているのに、成績がイマイチの人は、だいたいがこのパターンです。

 

 ここらで、自分の勉強方法を見直してみる。修正してみる。

これも、いい勉強のしかたを見つけ、身につけるために大切なことです。

 

 

■要するに、自分にあった勉強方法は、自分で見つけるしかない。

 

 それは、時間をかけてとことん勉強していれば見つかるもの。

いろいろな勉強のノウハウを集めて、実際に試してみる。

よさそうなものがあれば自分なりにアレンジしてみる。

そいうった時間のかかる積み重ねが必要だと思います。

 

 もちろん、「成績を上げたい」という、自分自身の強い意志がなければ、

なんの意味もありません。どうしもなりません。

 

 弊塾では、そんなお子さんたちのために、お子さんに合った

「いい勉強方法」を見つけ、身につくようにアドバイスをしています。

 

 

■自分なりの勉強方法を見つけることが勉強する意味?

 

 それが、勉強の一番大切な目的なのではないでしょうか?

学校の授業で習う教科書の知識や情報などは、

インターネットなどを使えば簡単に見つけることができます。

与えられた情報を分析し、推察し、論理的に考えてまとめていく、

その処理能力を鍛えていくことが大切なのでは?

学校を卒業してから役に立つのは、この自分なりの勉強のしかた、

]処理能力なのではないでしょうか。

 

 スポーツのように結果ばかりを追い求めるのとはまた違っている。

ですが、人に言われるがままに指導されて勉強するように、

監督やコーチの言うがままに練習しているだけでは、

試合中、その場その場の瞬間に自分の頭で判断して動けなくなる。

トレーニングしている中で、自分なりの練習方法を試行錯誤して

模索していくことも大切なのでは?

 

 言われたことをきちんとできる素直な人、堅実に仕事をこなすことができる。

それはそれで評価できるでしょうが、それ以下でもそれ以上でもありません。

ただ、それだけのことなのでは?

 

 

■勉強時間が短い。集中力がない。・・・どうすれば?

 

 どうしても長時間の勉強に耐えられない。

 30分も集中して勉強できない。

こういったお悩みも多いと思います。

それにつきましては、次回に続きます。