高校入試や大学入試は、小学低学年のときに勝負がついている!?

お問い合わせはこちら

ブログ

高校入試や大学入試は、小学低学年のときに勝負がついている!?

2019/10/17

教えることは ガマンすること?

子どもたちに教えるのは、かなりの忍耐力が必要です。ストレスも・・・

前回のつづきです

 

 子どもたちに教えるのは、かなりの忍耐が必要です。それにストレスもたまります。

教えたくても、教えるのをガマンしなければならないことの多いですから。

 

 質問されれば頼られているような気になって、ホイホイ教えたくなります。

忙しい時に質問されると、答えだけをさっと教えたりしてしまいます。

これが、一番よくないことです。

これが積み重なると、その子は自分の頭で考えなくなります。わからなければ、

すぐに人に頼るようになります。、自分の力で問題を解こうとしなくなります。

あきらめが早くなります。指示をしないと自分から始めようとしなくなります。

 

 学習能力も未発達の小学生の低学年のときに、計算を早く解く、文章は早く読む 

こんな学習習慣を絶対に身につけさせないことです。じっくり考える習慣が育ちません。

 

 小学の高学年や中学生になって学文塾に入って来られるみなさんで、

こういった学習習慣が身についている人がとても多いです。

計算など、解ける問題はものすごく早く正確なのですが、

文章問題や完全証明など、ちょっと複雑になると、もうお手上げです。

思考が停止して、すぐに投げ出してしまいます。

 

 繰り返しますが、小学生の低学年のうちにこそ、

時間がかかってもじっくり考える習慣を身につけさせてあげてください。

そばで見ていて、せかせないこと、イライラしないことです。

この時期に悪い学習姿勢が身につくと、中学生や高校生になって必ず行きづまります。

高校入試や大学入試は、この小学生の低学年のときに勝負はついています。

 

 ここから、いつもの宣伝です。

学文塾は、自立型の個別指導です。

 「自分の頭で考えて答えを出してから質問する」

 「わからなければ調べてもいい。解決の糸口を見つけてから質問する」

 「どうしてその答えがでたのか、きちんと説明できること」

こういった指導をこころがけています。

ですが、ついつい、あっさり答えを教えてしまったりして・・・。

何年たっても、教えることって難しいものです。

 

************************************

   ○後期スタート生募集中です

  10月の前半で15日間何回でもOKの無料体験を。

  その後で入塾されますと、後半の月謝は無料です。

  つまり、10月分の月謝が実質無料に!

  もちろん、入塾金10,000円も0円になります。

************************************