指示待ち人間? 自立型人間?

お問い合わせはこちら

ブログ

指示待ち人間? 自立型人間?

2019/07/17

「何をやればいいですか?」・・・指示待ち人間

「今日、塾で何を勉強するのか」・・・自立型人間

 わくゼミ・レプトンは自立型の個別レッスン方式です。

小学2~4年生のみなさんが多いのですが、

レッスン日に教室に入ってきて、席について、

テキストを取り出して、CDをセットして・・・。

インストラクターの私が何の指示もしなくても、

この流れでレッスンを始めています。

 

 学文塾本科の小学生のみなさんの中にも、

席について、テキストをサッと出して学習を始める子もいますが、ごくわずかです。

「何をやればいいですか?」残念ながら、こう聞いてくる子がほとんどです。

 

 少し前までは、何も指示をしなくても学習を始める

小学生、中学生、高校生のみなさんがけっこういたのですが・・・。

いつも、指示されることに慣れきってしまっているから、でしょうね。

 

 「何をやればいいですか?」

何となく塾に来て、指示されなければ、指示されたことしかできない、指示待ち人間。

 

 「今日、塾で何を勉強するのか」

それを意識して塾に来る自立型人間。

 

 予習をして授業を受ける。

 メモ書きして、小論文を書き始める。

 準備をしてスピーチやプレゼンをする。

 準備運動をして水に飛び込む。

 

予習や準備をするか、しないか、・・・もう、まったくますよね。

 

 夏の講習では、長期受講のみなさんには、

自己管理をしっかり植えつけていきたいと思っています。