学文塾でも、この時期から入塾される中学2年生の皆さんが多くなります。

お問い合わせはこちら

ブログ

学文塾でも、この時期から入塾される中学2年生の皆さんが多くなります。

2019/10/04

中学2年後半から高校受験の準備を始めるのがいいのはどうして!?

学文塾の中学2年生の個別指導は、学校の定期テスト対策と工区お入試対策を並行して進めます。

 学文塾でも、夏休み明けから、あるいは後期の始まるこの時期から

入塾される中学2年生のみなさんが多くなります。

 

 高校入試を意識して、というより、

「定期テストの成績が変わらない、下がり気味」

「今のうちに苦手科目を克服しておきたい」

というみなさんも多いですね。

 

 高校受験を意識する、しない、に関わらず、

自分の現在の姿を直視し、もっと上をめざしたい、

と、実際に行動を起こされるのは立派なことです。

 

 さて、前回も書きましたが、中学2年生の後半では、

どの科目も、とても重要な単元が目白押しです。

中学2年後半の6か月間をどう乗り切るかで、合格できる高校が変わってきます。

高校入試を左右する、まさに「正念場の6か月」といっても過言ではありません。

 

 中学3年生になって、学校の授業内容の学習と並行して、高校受験の準備のために、

中1や中2の復習もしなければならないとしたら、1年分、2年分の遅れを取り戻そうとしたら、

2倍3倍の時間と労力が必要になりますからね。中学3年生になって、会場テストを受けて、

自分の実力と合格できそうな高校を知ってショックを受ける。

中学3年生になって、学文塾に入塾されて来られる皆さんの中にはこういったケースが多いです。

 

 はっきり申しまして、足立区内の近隣の公立中学校のレベルが今ひとつですから、

中学校内の定期テストや実力テストの結果を、都標準レベルの実力とかんちがいしてしまう。

「自分は志望校に合格できる実力が十分”!」と思い込んでしまう。

そうして、中学3年生になって会場テストを受けてみてはじめて、

自分の本当の実力と現実を突きつけられショックを受ける。

 

 高校受験に対する焦りと不安で受験勉強が手につかない。

「今からがんばろう」と勉強を始めても、中1や中2の基礎から理解できていないから、

勉強がはかどらず、しだいにやる気をなくしてしまう。

 

 中学2年生の今から始めれば、中学2年生の後半の6か月が有効に利用できます。

2年の授業の学習と並行して、中学1年からの復習をする時間もあります。

学校の定期テスト対策はもちろん、高校入試に対応できるワンランク上の実力も身につけていく

時間の余裕もあります。学文塾では、学校の授業内容と並行して高校入試対策も行います。

 

 どんなことでもそうでしょうが、慣れるまでには、スムースにことがはこぶようになるまでには

時間がかかるものです。ウォーミングアック期間が必要です。

学文塾の自立型個別指導でも、慣れていただくまでには1か月、3か月かかるのが普通です。

 

 中学2年生のみなさん、高校受験から逆算して残された時間はどれくらいありますか?

「まだ1年以上ある」それとも「もう15か月しかない」

学文塾の中学2年生の個別指導はこちらをご覧ください。⇒「中学生のコース

 

************************************

   ○後期スタート生募集中です

  10月の前半で15日間何回でもOKの無料体験を。

  その後で入塾されますと、後半の月謝は無料です。

  つまり、10月分の月謝が実質無料に!

  もちろん、入塾金10,000円も0円になります

 ************************************