高校受験 第一志望全員合格 最後までよく頑張りました!

お問い合わせはこちら

ブログ

高校受験 第一志望全員合格 最後までよく頑張りました!

2022/03/03

高校合格、おめでとうございます

 3月1日に都立高校の一般入試の合格発表がありましたが、

今春も、第一志望校に全員合格しました。

おめでとうございます。最後までよく頑張りました。angel

 

 今春の都立高校入試では、

半数以上の受験生の皆さんが推薦で合格しましたが、

上位校の推薦入試では苦戦、一般入試で再度挑戦、

みごとに実力で合格を勝ち取りました。

やはり、内申点がいくらよくても、

上位校の推薦入試には厳しいものがあります。

 

 「第一志望全員合格」といっても、最終段階での第一志望でして、

ほとんどの人は、志望校を上げたり、そのまま第一志望を貫きましたが、

途中で志望校を下げた人もいます。私立の単願に変更した人もいます。

そういった皆さんには、当方の指導力不足を痛感しております。

ご期待に十分お応えできなくて、本当に申し訳なく思っております。

 

 1年くらい前に入塾していただきました中学3年生のみなさん、

どういうわけか、内申点や偏差値の高い人が集まりました。

そのために、上位校合格者が多く出ました。だたそれだけのことです。

レベルの高い受験生が多ければ、結果としてそれだけ合格実績?があがります。

 

 問題は、どれだけ偏差値や内申点が上がる指導ができたか、です。

偏差値30台、40台から10~20くらい上げても、あまり目立ちません。

偏差値60から5上がると目立ちます。

 

 確かに、偏差値のひくいほうが上げやすいのですが、

偏差値の上げ幅が大きいから、その分よく頑張ったとは言い切れません。

入塾当初の偏差値が40台、でも一生懸命頑張って10も20も上げた。

そういう受験生の皆さんこそ、おおいに評価しています。

 

 結果より、その過程の頑張り具合です。

ですから、弊塾では、合格校は公表しておりません。

問い合わせがあれば個別にお応えしているだけです。

 

「どうして合格実績を公表しないのか?」

「合格実績を公表すれば、レベルの高い生徒が集まるのに」

とよく言われますが。合格実績を塾のPRに使うことには、

昔から、どうしても抵抗があります。 

だから、いつまでも小さな個人塾なのでしょうが。

 

 ごく少数の合格実績を自慢するより、

受験生一人ひとりをどれだけ底上げ?できたか、

そのほうに指導のやりがいを感じています。

 

 勉強はイマイチ、でも、

周りの状況がよく見えていて気づかいができる子、

コミュニケーション力に優れ、話していて楽しい子、

質問も遠慮がち。でも黙々と努力を続ける子、

話すことは苦手でも、文章で気持ちを伝えることが上手な子など。

そういった子は、いつまでも記憶に残っていて、

ときにはなつかしく感じるものです。

 

 合格校の偏差値が高い低いなんてどうでもいいこと。

受験勉強から逃げずに、れだけ耐えて頑張ったか。それが大切なことです。

3年後、それから先、この貴重な体験がきっと生きてくるはずです。

高校合格は到達点ではありません。通過点にすぎません。

ここから、新たなスタートです。

 

 今は合格の余韻に浸って、ゆっくりくつろいでください。

といっても、合格しても、3月の1か月、通ってくる中3のみなさんが、

半数近くいます。ふつうなら、合格すればそれで終了なのでしょうが。

弊塾には、黙々と勉強に頑張る子がたくさん集まってきてくれる。

本当に感謝感謝です。あと1か月、高校に行っても困らないように、

少しでもお役に立てるように、最後まで手を抜かず指導していきます。

課題の提出物も多いようです。そのお手伝いもしていきます。

 

 今春受検した中学3年生のみなさん一人残らず、

近年にないくらい、熱心に受験勉強に取り組んでいました。

最後まで本当によく頑張りました。

高校に行ってもその姿勢を忘れずに、

自信をもって何にでも取り組んでください。