上から引っ張る? 下から支える?

お問い合わせはこちら

ブログ

上から引っ張る? 下から支える?

2022/02/06

子どもたちに教え込むよりも、能力や学力を引き出す。

 新教室に移転したころ、壁に重いホワイトボードを取り付けようとするのですが、

何度やってみても落ちてしまいます。壁は釘穴だらけになるは、床は傷つくは、

もう散々でした。地球の重力はあなどれません。と感心している場合でもなく、

失敗を繰り返しているうちにようやく気づきました。

このあたりは文系出身の弱みです。そのせいにするのもなんですが。

 

 薄い壁にねじ込んだくぎに吊り下げようとするから、

ボードの重さに耐えられないのだ。下からから支えればいいのでは?

地震が起きるたびに落ちているのではないかと気になるのですが、

今のところ、びくともしません。よく落ちないものだと、

いつも感心しています。危険な教室とも言えますが。

 

 子どもたちに教えるのもそうかもしれません。

勉強を教えなければ、成績を伸ばさなければ、子どもたちを

無理やり引っぱり上げようとしているのでは?

一生懸命やっているつもり。でも、その労力のわりには成果はイマイチ、

ますます焦って、ますます教え込んだり、強要したりする悪循環に陥る。

 

 引っ張るのではなく、支えればいいのでは?

いつもの学習で、テストで、入試で、その子の持っている能力が

最大限に発揮できるように力を貸せばいい。その子の不安や焦りを、

下から支えてあげればいい。

 

 教え込むのではなく、こちらが知らないふりをして質問することで

学力や能力を引き出していく。そうすればその子は自信を持つ。

 

 自立的な学習ができる環境を与える。自主的な学習の楽しさに

気づかせるきっかけを与える。縁の下の力持ちに徹して、

アシストやアドバイスに重点を置く。

 

 今までの指導経験からしても、厳しく強制するよりも、

そのぼうが、はるかにうまくいくものです。

 

 そうは言っても、子どもたちからの質問や採点などが集中したりすると、

ついつい、手っ取り早く教えてしまったりしてしまうものです。

そうしている自分にふと気づき、夜中に一人反省会です。

まだまだ修行が足りません。