社会や理科の記述問題に強いですか?

お問い合わせはこちら

ブログ

社会や理科の記述問題に強いですか?

2021/12/08

都立高校入試 社会や理科の記述問題が苦手

 普段から弊塾で指導していて思うことですが、

都立高校入試問題にかぎらず、普段の授業でも、

国語の記述問題はもちろん、社会や理科の記述問題の苦手な

中学生のみなさんが目立つようになりました。

 

 記述力や表現力が弱くなっているというよりも、

それももちろんあるでしょうが、学習指導要領の改訂で、

この表現力や記述力が重視されるようになり、

その種の問題が多くなってきているからなのでしょうが。

 

 とくに、社会では、表やグラフなどを読み取って

記述する問題の苦手な中学生の皆さんが多いようです。

要点がまとまっていない。

キーワードが盛り込めていない。

設問に対する答えとしてスレている。

文字量が少なすぎる、あるいは、書きすぎている。

 

 高校や大学推薦入試の小論文や作文でも、

図やグラフなどを読み取って書く課題も増えています。

 

 この対策として、テーマ別無料補習などで、

特別に指導する時間を設けることを検討しています。

 

 とりあえず、来春の都立高校入試対策としては、

「冬の講習」とそのあとの「入試直前対策補習」の中に

組み入れて指導していきます。

 

 しかし、一朝一夕に記述力や表現力が身につくものでもありません。

日ごろから、こういった問題を意識して取り組んでいくしかないでしょうね。