「苦手な科目を得意科目にする方法」って? その2

お問い合わせはこちら

ブログ

「苦手な科目を得意科目にする方法」って? その2

2020/07/08

「200時間勉強すれば、苦手科目は克服できる!」と思います。

 前回の続きです。

 

『学問の王道はどこにある!?」

そんなもの、どこにもありません。

 

 不得意な科目を克服するには、

苦手な科目にどっぷり時間をかけて勉強すること、

これしかないように思います。

 

 「そんなことはわかっている。でもそれがなかなかできない」

そういう声が聞こえてきそうです。

 

 勉強に限らず、今まで苦手なこと、できなかったことが、

できるようになった。そうしたら、それが楽しくなった。

そういう経験はありませんか?

 

 はじめのうちは、苦痛で仕方がないかもしれません。

勉強に取りかかるのに、かなりのエネルギーが必要かもしれません。

 

 でも、苦手な科目を心から克服したいと思っているのなら、

1日3時間でも5時間でも、たっぷり時間をかけて勉強してみることです。

それを毎日、少なくとも1週間は続けてみることです。

3週間続けられれば習慣になります。

そのころには、きっと、その苦手だった科目のおもしろさに気づくはずです。

はじめはイヤイヤだったのに、しだいに苦でなくなっているはずです。

そうなれば、その苦手な科目は、もう得意科目になっているはずです。

 

 手をつけないとだめです。中途半端もダメです。

 

 そんなの当たり前のこと、誰でもわかっている方法でしょうが、

「頭ではわかっていても、実行てきない」のが人間です。

 

でも、

「苦手な科目の、何をどうやって、どっぷり時間をかけて勉強していいかわからない」

「集中して長い時間、勉強する環境がない」

「強制的にどっぷり勉強する場所がない」・・・でしたら、

当学文塾にご相談ください。もちろん相談は無料ですし、

決して入塾を強制するようなことは一切ありませんので、ご安心ください。

 

 ただし、上にも書きましたように、

「塾でも自宅でも、演習時間をできるだけ長く」が指導方針です。

「短い学習時間で、3科目や5科目ができるようなる」

そんな、魔法のような指導はできません。

その点は、ご承知おきください。

 

 学文塾の塾生のみなさんは、

1回100分、120分、それ以上の授業時間、

とにかく真剣にみっちり勉強しています。

それが、学文塾の伝統?とも言えます。

 

 「そんなに長い時間、集中できない・・・」

ご心配なく。

はじめのうちは、慣れないから長く感じるかもしれませんが、

1か月か3か月くらいたつと、まわりの空気に染まって、

らくらくこなせるようになります。
 

 

 ちなみに、私の経験から、私だけに当てはまることなのでしょうが、

苦手なことを克服するには、200時間くらい、

その道のエキスパートになるには2000時間くらい、

作文など、ちょっとしたことを完成させるには20時間くらい、

必要だと思っています。いつも、その時間を目安に逆算して、

いつから始める、1日何時間取り組む、

という計画を立てるようにしています。