「生を必するものは死し 死を必するものは生く」

お問い合わせはこちら

ブログ

「生を必するものは死し 死を必するものは生く」

2020/06/30

 「生を必するものは死し  死を必するものは生く」

上杉謙信が、川中島の決戦を前に、将兵を鼓舞するために言ったとか。

 

 「戦いに臨んで、生きのびようと思う者は死に、死を覚悟して戦う者は生き残る。」

決死の覚悟でことに当たれ、と叱咤激励をされても・・・ですが。

 

 問題はそこではなく、何が生死の分かれ目になるか、ということです。

生死というオーバーな話でなくても、ものごとがうまくいくか、いかないかは、

その取り組む心構えにあるように思います。

 

 身を守ろうと、うそをつく。自分さえよければ。

自分の利益だけを追求する。その嘘にうそを重ねていく羽目になる。

 

 保身保身で、その場はうまく切り抜けたと思っても、

後々になって追い込まれ身を亡ぼすことになる。

自分だけが良ければいい。自分だけ生き延びようとする。

 

 人間ですから、100%無私の精神でことに当たるのはどだい無理な話ですし、

若い世代が妙に老成すると、社会の活力も衰えます。

 

 今の切迫した状況の中では、保身、身勝手な欲得などが、

知らず知らず行動に出るものです。

無私の精神の%をどれだけ自分の中で高めていくことができるか、

でしょうか。私には難しいことですが・・・。