高校入試は、特に都立高校入試はいったいどうなる?

お問い合わせはこちら

ブログ

高校入試は、特に都立高校入試はいったいどうなる?

2020/06/07

今、できることをやり、コツコツ積み上げていくしかない。

 まったくの勝手な推測にすぎませんが、

第2次、第3次の新型コロナウィルスの感染拡大も不安視され、

中学校の再休校もありえますし、先行き不透明、

来年度はどういう高校入試になるのか、まったく見当もつきません。

 

 3年の前期や後期の内申点が公正に出せないなら、

2年の学年末、あるいは、1年の学年末の内申点も参考にする、

ということもあるかもしれません。

 

 「中3になってから、がんばって内申点を上げよう」

と張り切っていた受験生のみなさんにとっては、

目論見が外れることに・・・。

 

 中1、中2のみなさんも、

受験する時の高校入試がどうなっているのか、

1年2年後ことは、まったく予想できませんので、

今のこの時をしっかりがんばっていきましょう。

今年の元旦に、今の状況をいったい誰が予想していました?

 

 入試問題も、進度の公平さを考えれば、

例えば、3年の前半までの出題範囲になるかもしれません。

入試問題が変わると過去問題の出題傾向分析や対策が立てにくくなりますので、

心理的な不安から、一般受験を敬遠して、私立高校の推薦や併願入試に受験生が

流れることも考えられます。授業料実質無償化で私立高校のハードルも低くなっていますから。

 

 志望校判定会場模試も、会場実施ができないようですと、

受験生が減少し、自分の実力や合格可能性が把握しにくくなり、

安全志向の志望校選びになることも予想されます。

 

 高校入試は、例年通りの日程なのか、1か月ほど遅れるのか、

も今のところ定かではありませんし。

 

 いずれにしましても、高校受験生のみなさん、それに中1、中2のみなさん、

どんな状況の変化にも対応できるように、泰然粛々?と勉強を続けていきましょう。

 

 当学文塾では、学校の休校中でも、しっかり受験対策をしてきました。

いつもの年よりも、かえって順調に受験対策の勉強が進みました。

 

 繰り返しになりますが、

来春の中学入試、高校入試、大学入試が一体どうなるのか?

気になり、不安で受験勉強が手につかないかもしれませんが、

そんな心配ばかりしていても始まりません。どんな入試になろうと、

今できることを毎日コツコツこなしていくしかありません。

万全の準備をしておくことです。

 

 この先、学校が休校になろうと、再開されようと、関係ありません。

当学文塾は、いつもと変わりなく、受験対策の勉強を進めていきます。

もし、入試に変化があれば、柔軟に対応していきます。

 

 この先が気になって、受験勉強が手につかない。

そんな時だからこそ、学文塾は受験生のみなさんのお役に立て、

サポートしていけると自負しております。

 

 当学文塾には、まだ、中学受験生、高校受験生、大学受験生のみなさんを

受け入れる余裕がございます。しかし、残された時間はどんどん少なくなります。

いますぐ、無料体験学習や個別相談をご予約されることをお勧めいたします。