国語が苦手なのは、読解力が弱いから?それとも・・・

お問い合わせはこちら

ブログ

国語が苦手なのは、読解力が弱いから?それとも・・・

2020/06/06

国語は伸ばすのが難しい科目?いいえ、そんなことはありません。

 国語は、伸ばすのが難しい、とよく言われますが、

けっして、そんなことはありません。

ただ、その原因をつかみ切れず、

きちんと対策をたてて勉強していないからです。

めったやたらに読解問題の量をこなしてみても、読解力は身につきません。

読解力が伸びないのは、学習方法や指導方法に問題があるからです。

 

 国語の読解力が弱いのは、

年齢相応の語彙力が足りないから?

日本語の文構造が理解できていないから?

 

 最後まで文章を読み切る忍耐力がないのは、

本を読む習慣がなく、普段から文字を読み慣れていないから?

 

 読解力や語彙力、集中力、読書習慣などが、どうのこうのというより、

それ以前に、読解問題を解くとき、課題文を本気で読んでいますか?

本気で問題を解こうとしていますか?

問題を解こうと、いう気構え?が足りないのではありませんか?

 

 国語の読解に限ったことではありません。

算数や数学の文章問題や証明問題でも、

英語の長文読解や文法問題、それに英作文でも、

社会や理科の模擬テストでもそうです。

適当に答えを出しているだけなのでは?

 

 テストや模擬試験で、点数の差がつくのは、

その子の実力よりも「何としても正解する」という気構えが、

あるかないかということ。精神論のようになりますが。

 

 当学文塾でも、入塾したてのころは、

国語の苦手な小学生や中学生のみなさんがいます。

初回に問題を解くと、まちがいだらけでも、

同じ問題をもう一度解いてもらうと、半分以上正解になる子がいます。

2回目だから正解が多くなるのも当たり前、というより、

初回には、適当に読んで答えを出しているだけだから?

問題を解いている様子を見ていても、それがうかがい知れます。

テストや入試は1回勝負。解き直しはできません。

 

 「国語は、文章をしっかり読めば解けるはず」

とよく言われる皆さんも多いですが、

その年齢相応の語彙力が不足しているのか?

それとも、長い文章を最後まで読み切る集中力がないのか?

普段から文字に触れる習慣や生活環境にないからなのか?

その原因をしっかり把握しないと、解決策は見つかりません。

ただ、漠然と読解問題を数多く解いたところで、

いつまでたっても、国語力は向上しません。

 

 国語の読解が苦手な小学生や中学生、それに高校生のみなさん、

ぜひ、学文塾の無料体験学習で、国語の苦手な原因を探ってみて下さい。

その上で、適切なアドバイスを差し上げたいと思います。

 

 最後にこれだけは言えます!

その子により、3か月、6か月、1年以上と、期間の短い長いはありますが、

当学文塾では、どれほど国語の苦手なお子さんでも、

ほぼ全員が国語の読解力が確実に向上しています。

受験に間に合わず、中途半端に終わることもあり、

もっと早くから、もっと時間があれば、と

とても残念に思うときもあります。