学校の授業のないほうが、学習進度も理解度も順調!?

お問い合わせはこちら

ブログ

学校の授業のないほうが、学習進度も理解度も順調!?

2020/06/01

学力の差よりも気になるのは・・・

 当学文塾の個別学習では、3月より、自習、スクーリング、分散して通常授業と、

できる範囲のことを続けてきたつもりです。

この3か月の間に、英語と数学、算数に関しては、教科書準拠ではない国語も含めて、

けっこうすいすいと学習が進みました。

 

 例年例年ですと、学校の学習進度と同じくらいか、やや早めに進めるのですが、

学校の長い休校中、順調すぎるくらい、どんどん先へ進めている

小学生や中学生のみなさんが、けっこういます。

 

 ただ、先取り学習しているだけではなく、終了した単元のチェックテストをやってみると、

いつも以上の出来で、ほぼ完ぺきに理解しています。

学校の授業がないほうが、学習進度もはやくなり、理解度も上がる、皮肉なものです。

 

 一方で、「教えてもらわなければ勉強が進まない」依存型の小学生のみなさんも、

残念ながらいまして、学習があまり進んでいません。

 

 学校の長期休校、オンライン学習など、その学び方によるのではなく、

自立型か依存型か、この学びの姿勢により、

この3か月で大きな学習進度と学力の差がついたように思います。

 

 この3か月で、自立型の学習姿勢を鍛えられた人も。

全員ではなく、1人でも多く、自立型学習のできる子を育てる、

それは、これからも変わりません。

 

 いつもの繰り返しになりますが、

「・・・がないから、~できない」ではなく、「・・・がないから、~する」

この心がけの差がとても大きいと思います。

 

 弊塾では、横並びは考えていません。進度や学力に個人差があって当たり前。

単に学習進度が早いか遅いか、学力が高いか低いか、ただそれだけのこと。

それがすべてではありませんから。

 

 さて、学校が再開されますと、学力の差よりも、

この学習姿勢や、勉強に対するモチベーションを保ち続けてきたかどうかで、

学校の授業にスムーズに入っていけるか、それとも、元に戻るまでに時間がかかるか、

が決まると思います。

 

 この3か月、自習、スクーリング、分散授業に積極的に参加してきたみなさんなら、

きっとスムーズ派だと確信しております。期待を込めながら。

学習もかなり先まで進んでいますし。