苦手な勉強が 好きになる方法は?

お問い合わせはこちら

ブログ

苦手な勉強が 好きになる方法は?

2020/03/20

好きでもない勉強が好きになり、成績が上がりはじめるのは?

 苦手な科目って、なかなか勉強する気になりませんよね。

勉強自体がキライで、勉強する気にもならない。

それが本心なのでは?

 

 好きでもない勉強が好きになり、成績が上がりはじめるのは?

スポーツでも趣味でもそうでしょうが、

好きだから、時間がたつのを忘れるくらいのめり込んでしまう。

時間をかけて取り組むから、上達し、どんどん好きになる。

 

 嫌いなことには時間をかけたくないし、その気にもならない。

そうではなく、時間をかけて取り組まないから、

本当の面白さに気づかないのでは?

時間をかけて取り組めば、その面白さにも気づき、

いつの間にかのめり込んでいるものです。

 

 英語が苦手。アルファベットを見るのもイヤ。

たったら、英語に時間をかけて勉強することです。

はじめのうちは苦痛でしょうが、そこをガマンして取り組むことです。

 

 効率的で、楽して、できるだけ短い時間で、苦手な科目が得意になる方法は?

そんな方法はありません。時間をかけて、練習やトレーニングを積まなければ、

わかったつもりでも、けっして身につくことはありません。

 

 苦手な科目を得意科目にするには200時間。

中学入試や高校入試には2,000時間。

これが、最低限の学習時間だと思っています。

学校の授業時間を除いて、です。

何の根拠もない数字ですが、経験上、そう信じています。

 

 学文塾の基本姿勢は、

できるだけ長く学習できる時間と場所と環境を提供すること、です。

とにかく、通常授業の他に、無料補習や、1時間600円の季節講習、

それに自習スペースの解放など、塾での勉強時間をできるだけ長く、

ご提供できる環境にしております。

 

 200時間、というと、とんでもなく長い時間のように思えますが、

1日1時間で200日、1日2時間なら100日、およそ3か月で、

苦手科目を克服できることになります。

 

 苦手な科目を、200時間かけて自学自習するのはつらいですよね。

だったら、学文塾の通常授業や補習や講習や自習をご利用ください。

 

学文塾を目いっぱい利用して、時間をかけて学習に取り組んでいる小学生や中学生、

それに高校生のみなさんは、あたりまえのようにテストの点数や偏差値が上がっています。

「黙々と、ほんとうによく勉強するな~」と、いつも思っています。

いつもは、それが当たり前のことに思っているのですが、

新しい入塾生が混じりますと、一層。、際立ちます。

 

 入塾したてのころは、みんなとまどい気味ですが、

3か月ほどたつと、ほとんどの子は、この学習と勉強時間の長さに慣れてきます。

小学生や中学生って、環境に対する適応力がすごいですから。

 

 次回に続きます。