「ゲーム依存症」ゲームには、ハマり込んでしまっても・・・

お問い合わせはこちら

ブログ

「ゲーム依存症」ゲームには、ハマり込んでしまっても・・・

2019/12/15

受験生のみなさん、一過性の「勉強依存症」になってみては?

 新聞報道によりますと、若者の「ゲーム依存」に関する全国実態調査の結果、

10~29歳の5人に1人が、平日に3時間以上ゲームをしているそうです。1時間以上は60%。

ゲームの楽しさはよくわかりませんが、何かにのめり込んでしまう気持ちよくわかります。

ゲームの時間を、さっと勉強の時間に切り替える、なんてこともできませんし。

 

 毎日、パソコンで、このブログなどの文章を書いていますが、ワードに慣れきってしまって、

果たして、鉛筆で原稿用紙に書くと文章がまとまるかどうか、はなはだ不安になります。

ワードの画面に向かってキーボードをパコパコ打ちながら、内容が浮かんできます。

もし、パソコンが壊れて使えなくなったらと思うと、ぞっとします。完全にコン依存症です。

ヒマになると、ネットサーフィンを始め、どこまでも行ってしまいそうになりますし。

 

 10年ほど、自室にテレビのない生活をしていました。テレビを見るのは、夕食時、

といっても10時30分ごろなのですが、その15分くらいだけの生活。

それが、不要になって持ち込まれたせいで、平日はともかく、休みの日曜日には、

なにもすることがないと、テレビをみてしまっています。見たい番組でもなく、何となく。

おそろしい習性です。おかげで、読書時間も量も減ってしまいました。見終わった後で

「別に見なくてもよかったんじゃない?」と虚しい気分になります。

 

 活字依存症で、寝る前には本を読まないと、疲れている時には、チラシでも読まないと

落ち着きません。そのわりに、1時間以内に本がパタッと落ちて眠りに落ちるのですが。

 

 勉強依存症。わが子にそうなってほしいを、願われている受験生の保護者の方も多いかと

思いますが、一利一害、これも行き過ぎるとどうでしょうね。

 

 何ごともほどほどに、ということでしょうが、何かにはまり込んでしまうとことはあります。

そのうち飽きるときが来ます。釣りにはまったり、カメラにはまったり、ジョギングにはまったり。

あんなに夢中になっていたのに、いつの間にか熱が冷めてしまっている。

 

 受験生のみなさん、一過性でもいいですので、今は受験勉強にはまり込んでください。

あと3か月くらい、一過性の「勉強依存症」になってもいいのでは?

冬期講習を待たず、今日からでも「勉強依存症」になるくらい、

自宅でも受験勉強にはまり込んでください。勉強のし過ぎで過労死、

なんて話は聞いたこともありませんし。めいっぱいがんばってください。