小学4年生、5年生で中学受験をお考えのみなさん

お問い合わせはこちら

ブログ

小学4年生、5年生で中学受験をお考えのみなさん

2019/12/11

中学受験対策に必要な学習時間は、2,000時間?

 小学4年生のみなさん、私立中学受験の準備を始めるなら、この時期がいちばんのおススメです。

 

 小学5年生のみなさん、今から私立中学受験の勉強を始めても、まだ間に合います。

 

 学校で算数と国語の授業がしっかり理解てきていることが条件ですが。

ご存知の通り、中学受験の算数では、和差算、倍数算、旅人斬、つるかめ算などの

特殊算も出題されます。基本計算問題もとても基本計算レベルではありません。

 

 国語の読解問題、漢字や文法、社会や理科も教科書以外の知識、

それに思考力や分析力、推察力、表現力などの学習能力も試されます。

 

 学校の授業は除き、受験対策の勉強で、最低2,000時間くらいは必要だと思っています。

何の根拠のある数字ではありませんが、今までの指導経験から考えて、最低そのくらいの

学習時間は必要だと思います。 

 

 今の学力とそれに適性な志望校が、どのレベルであっても、2,000時間です。

受験までに残された日数で割ってみて下さい。

 

 小学4年生、5年生のみなさんが、今から受験勉強を始めたとすると、毎日の学習時間は、

小学4年生で2,000時間÷900日=2時間強で済みます。小学5年生で3.8時間程度。

小学6年生の3月から受験勉強をはじめたとすると、毎日5.5時間くらいは必要になる

計算になります。塾の指導の時間は含めてもいいですが、学校の授業時間は含めません。

この時間以上、勉強している受験生のみなさんも、もちろんいるとは思いますが。

あくまでも、現在の学力レベルで適性校を受験する場合です。

 

 もっと少ない時間、例えば1,000時間くらいで運よく合格した。

でも、残りの1,000時間分は、中学に進学してから苦労することになるかもしれません。

後でつけが回ってくる、私自身の経験から、そう信じています。

もちろん、びしっと集中して正しい学習方法で受験勉強を続けた場合ですが。

 

 ですから、中学受験の準備を始めるなら、早いに越したことはないということです。

6年生になって、急に中学受験を思い立たれる小学6年生のみなさんもいますが、

国語と算数、とくに国語が苦手でなく学習習慣もしっかり身についているのでなければ、

かなり厳しいと思います。かなりの学習時間と覚悟が必要だと思います。