国語読解の勉強方法がわからない中学生、高校生のみなさん、学文塾(足立区)の読解力を鍛える講座へどうぞ

お問い合わせはこちら

ブログ

国語読解の勉強方法がわからない中学生、高校生のみなさん、学文塾(足立区)の読解力を鍛える講座へどうぞ

2017/05/31

☆テーマ別講座・・・わくゼミ(学文塾)の3つの安心保証!

① 受講ペースは・・・目的に合わせて自由に決められます!
     ⇒ ■ 遠方からの通塾もラクラク!?  
   ② 受講回数は・・・自由に決められ、途中で取りやめもできます!
     ⇒ ■ いつから始めても、いつ終了してもOK!   
   ③ 2回の体験学習で・・・納得してから受講できます!
      ⇒ ■ この2回の体験学習だけでも価値あり!? 

        ☞ 詳しくはこのページの最後のほうをご覧ください。

国語のテストでこんなことに思い当りませんか?

☑ 中学1年生になったら、国語のテストが急に難しくなった気がする。
  小学校の時は国語のテストはいつも満点だったのに。

☑ 本を読むのは好きなんだけど、テストになると思うように点が取れない。

☑ 問題の文章は何が書いてあるのか、さっぱりわからない。

☑ 絶対の自信をもって答えを書いでも、たいてい間違っている。

☑ 記号問題は何とかなるが、記述問題になると手も足も出ない。

☑ そもそも国語の問題って、どう解いていいかわからない。

読解力が弱いのは、ここに原因が?

① その子の年齢にふさわしい語彙力が身についていない。
  ・・・これがいちばん厄介です。単語の意味が分からないと
  英文が訳せないのと同じですから。日常の生活の中で、ボキャブラリを増
  やしていくしかないでしょうね。読書好きのお子さんなら語彙力が
  豊富ですから安心なのですが。

② 文章を最後まで読み切る集中力がない。
  ・・・動体視力が発達していて、野球やサッカーなどのスポーツが得意な
  お子さんに多いですね。じっと座って文字を目で追う静止視力がイマイチ。
  映像モノは強いかもしれません。静止しているものは認識できず
  動くものにしか反応しないカエルのようなもの。たとえが悪いですね。

③ 自分の主観を入れて、かってに解釈してしまう。
  ・・・これは、小学生だけではなく、中学生や高校生にも多いです。
  文意を客観的に把握できない。物語や小説など読書好きのお子さんに多いです。
  本をたくさん読んでいるのに、国語のテストの点数がイマイチな理由です。

④ 文字を見ると眠くなる。催眠効果。
  ・・・私も物理や化学など、興味関心のない本を読むと3分で眠くなります。
  文字を見たら眠くなる条件反射、これも改善するのは難しいです。

⑤ 文字を目でたどるスピードが極端に遅い。
  ・・・まずは音読から。読書量や文字に触れる機会が多くなれば、
  これは改善できます。


こういったケースが多いです。
まずは、読解力が弱いその原因を突き止めここを改善していかなければ、
いくら国語の問題をこなしても、効果はありません

国語の偏差値は他の科目の偏差値に比例する!?

実力テストの成績表を見た時、
5科目の平均偏差値は国語の偏差値に近くないですか?

もしその傾向があるなら、国語の偏差値までは、他の科目も伸びるということ。
逆に言えば、国語の偏差値が低いということは。。。

「国語の読解力が弱いから、数学の文章問題や英語の長文問題や
社会や理科の設問の内容が理解できない」とよく言われますが、
半分当たっていると思います。

残りの半分は?
ものごとを考える時、日本語で考えていると思います。頭の中の思考言語は日本語です。
ですから、国語力が弱いということは、思考力が弱いということ。
分析したり、考えをまとめたりすることがうまくいかないということ。
このほうが、大きな問題なんです。

「国語の読解力を伸ばすのは難しい」

それは、国語の指導の苦手な保護者の方や講師が口にする言葉です。
社会や理科の専門の先生が、社会や理科を教える時には教え方が難しい
とは言わないでしょう。それと同じです。国語を指導する方法がわからないからです、

確かに、小学生のうちならそれほど時間と労力を必要としないでも
国語力を上げることは簡単ですが、中学生になると時間と労力はかかります。

でも、適切なテキストを使い、適切な指導をすれば、それほど難しくはありません。

お子さんが、どうして国語の読解力が弱いのか、きちんと分析と検証をして
その上で、お子さんに最適な対処法を見つけて指導すれば、読解力は伸びます。

「語彙力が小学低学年レベルでしかない」こういう場合は手の施しようもないですが、
ほとんどのケースでは、6か月から1年あれば、国語力や読解力を伸ばすことはできます。

「読解力を鍛える講座~中学,高校生~」どんな指導を?

ありふれた読解問題集ではなく、記述問題を中心に学習します。
ただ、読解トレーニングだけではなく、文章の要約や、アクティブな学習も行います。

ただ問題を読んで設問に答えて、正解か不正解か、採点や解説をしてオシマイ
といったありふれた指導はしておりません。

ここでは書ききれません。
ぜひ無料体験学習でご確認ください。

・週1回60分(~80分)程度の個別指導。
・対象:中学1年~3年生。高校生も。

■費用(消費税込み)
・受講費:月額10,000円
・諸費用:5,000円(6か月ごと) 教材費などを含む
・入塾金:10,000円(お問い合わせより30日以内にお申込みの場合は0円に)

・曜日と時間帯は相談の上決定しますが、都合によって変更は自由です。

*この講座の3つの安心保証をご覧ください。

「読解力を鍛える講座~中学,高校生~」・・・3つの安心保証

わくゼミ(学文塾)のテーマ別講座には、3つの安心保証がついています。
塾歴33年の実績とノウハウ。本科の指導をギュッと凝縮し、
塾長が自信をもって個別(個人)指導します。
ですから、この3つの安心保証をお付けしております。

① 受講ペースは?・・・目的に合わせて自由に決められます!
 3か月間の速習、6か月間、さらに1年間じっくり受講するなど、
 受講の目的や目標、ご都合に合わせて受講ペースを自由に決められます。
 遠方から人も受講がしやすいと思います。
 *主に講師(塾長)が1個別に指導しますので、予約状況などにより、
 ご希望通りに予約できない場合もございます。

② 受講回数は?・・・自由に決められ、途中で取りやめもできます!
 どの講座も回数を設定していますが、全回数を受講しなくても大丈夫。
 「自信がついた」「あとは自分ひとりで学習できる」・・・
 途中で受講を中止することもできます。いつからでも始めることが
 できますし、いつでも取りやめることもできますから安心。

③ 2回の体験学習で・・・納得してから受講できます!
 まずは、2回の無料体験学習でお試しください。
 どんな講座なのか?
 自分の目的に合っている講座なのか? 
 だれでも不安になりますよね。2回の無料体験学習に参加されて、
 十分に納得されてからお申込みください。

ここから先は、お時間があればお読みください。

○学文塾のこの読解力講座は、ありふれた読解テキストは使いません。
指導方法も変わっています。そこらの国語学習のノウハウ本とも
違っているはずです。読んだことがないのでわかりませんが。

最初はかなりキツイと感じるかもしれません。
が、3か月、6か月、1年と継続的にじっくり取り組む必要がありますし、
苦労して取り組んだ分だけ、国語読解の楽しさがわかってくるはずです。

1回60~90分週1回ペースの学習ですし、5つの安心保証もついていますから、
足立区だけではなく、他の区や隣接県など遠方から通って来られる中学生や高校生も。


○学文塾の小学生、中学生、高校生で、国語の苦手な子はほとんどいません。
国語が苦手で入塾してこられても、たいていの場合、
6か月から1年で標準レベルにはなります。それに、どういうわけか、
国語の得意な子が入塾してきます。国語が得意だから他の科目もできる子が、とも言えます。

○体験学習に参加された中学生や高校生の皆さん、それ以上に保護者の方が、
この国語の学習方法に「なるほど!」って言われます。

問題集を黙々と解くようなありふれた学習方法を続けていても、国語力は上がりません。
今まで自分でがんばって国語の勉強をしてきたけれど、たいして成績が変わらない。
何とかしたい。思い切って180度学習方法の考え方を変えてみよう!
という熱意と勇気のある中学生や高校生の皆さんをお待ちしております。

熱意はスピードです。今すぐ無料体験学習をご予約下さい。

対面方式の個別指導のため、提出された答案の添削のために、
こちらの指導にも時間がかかりますので、この講座は人数を制限しております。
対応できる人数を越えますとお断りするか、しばらくお待ちいただくことになります。

またご希望の曜日や時間帯に合わない場合もお断りすることもありますので、ご了承ください。

○でも、こんなお子さんはご遠慮ください。
・受験専門塾などの国語のテストが弱いから対策を。
 受験のためのテクニックは確かにありますが、学文塾では、
 そのテクニックに凝り固まった教え方はいたしません。
 ホントの読解力を身に着けるためのハードなトレーニングですから、
 そういった受験専門塾の指導とは相いれませんので、お断りしております。

・読解のスピードがないため、制限時間内に問題を解き終わらない。
 問題文を読まないでも素早く正解を出す方法を教えてほしい。

・読解のスピードがありすぎ、テストは早々と終わって、後は時間つぶしをしている。
 結果もある程度は出ているが、いつも90点以上取れるようになりたい。
 これは実は難しい注文なんです。学習方法を180度切り替えるのは難しいでしょうね。