お問い合わせはこちら

ブログ

5名前後の個別指導でも余裕で対応できるのは・・・その2

2018/09/11

5名前後の個別指導でも余裕で対応できるのは・・・その2

学文塾の小学生の授業、

例えば、算数の場合。

 

テキストの例題をしっかり読む。

例題をノートに写すことも推奨しています。

 

その例題の通りに類題を解きます。

ここでチェックして理解できていないところを確認します。

間違えていれば説明です。

 

OKなら、練習問題へ進みます。

 

学校で習っていなくても、

かえって、習っていないところのほうが、

自分で意欲的に学習を進めていきます。

 

塾に来て、席について、

こちらが何も言わないのに、

前回のテキストの続きを始める子もいます。

 

英語のフォニックスでも

「今日はここまで」と指示しても、

勝手にオーバーラン?オーバーラーニング?して、

予定外のことろまで進む子もいますが、

チェックしてみるとしっかり聴きとれて、書けていますから、

こちらも何も言えません。。。

 

入塾したてで最初は戸惑っている子でも、

「習っていないから」「教えてもらっていないから」と言っている子も、

1か月~3か月くらいで、この学習方法に馴染んできます。

 

中学生になると、残念ながら、

数学の例題を読んだり書いたりして理解する子は、少なくなります。

小学校からの繰り上がりの子はそれができますが、

新しく入塾してきた子は、この習慣が身についていませんので。

 

それでも、アドバイスした通り、例題をきれいに写して、

類題や練習問題を解く子もいます。

当然ながら、短期間のうちに、みるみる成績が上がっていきます。

 

今の小学高学年や中学生で、ノートをきれいに使える子、

それ以前に、書いて問題を解く子が少ないですね~。

 

文章問題でも図形問題でも、

頭の中だけで答えを出そうとしたり、式をたてようとしたり、

そして行き詰って、ずっと考え込んでいます。

 

例題や解説を読んで、自分で理解し、類題や練習問題を解く。

これができない子が、参考書や問題集を買って、

自学自習できるわけがありません。

 

書くことで、具体化し、分析し、問題を解く、

こういう習慣は、小学生の早い時期に身につけておけば、

あとは安心ですね。

 

個別相談や授業見学に来られた保護者の方やお子さんが、

授業風景をご覧になり、

みなさん「静かですね」って驚かれますが、

1人ひとり、自分のやることを黙々とこなしているからです。

 

ですが、

この「黙々とこなす静かすぎる勉強」

これが問題でもありまして、どう改善していくか、

ただいま検討中です。

詳しくはまたの機会に。

学文塾

住所 〒121-0075 東京都足立区一ツ家2-20-10 ウィンザーパレス A-105
TEL 03-3850-7714
アクセス つくばエクスプレス・六町駅より徒歩7分
お電話&ご来塾の場合
午後2時~午後9時が確実です。
日曜日は休みの場合があります。

当店faceboookのはこちら
http://on.fb.me/1WscoVT