お問い合わせはこちら

ブログ

お子さんに こんな3つの間違った教え方をされていませんか?

2018/07/13

お子さんに こんな3つの間違った教え方をされていませんか?

さっくり、ズバッと申し上げますが、

個別相談や体験学習で、保護者の方からお話をお伺いしたり、

小学高学年や中学生、高校生のみなさんの体験学習の様子を見ていますと、

お子さんの学力不振の原因は、だいたい次の3つにあてはまるように思います。

小学校の低学年の時に、こういう習慣がついてしまいますと、なかなか修正できません。

 

教え込みすぎ 

・・・お子さんに考える間も与えず、

「これはこうだからこうなる」と答えをさっと教えてしまいますと、

お子さんは、自分の頭で考えて問題を解こうとしなくなります。

人に頼る依存型の学習姿勢が身についてしまいます。

時間をかけて問題を解く粘り強さも、集中力も身につきません。

 

答えが合っていても間違えていても

「どうしてこの答えが出たの?」

と尋ねてお子さんに説明してもらう。

きちんと説明できれば、よく理解できているということです。

 

答えをせかせすぎ 

・・・問題を早く解くことを重視しすぎると、

時間をかけて問題を解く粘り強さが身につきません。

頭の中だけで問題を解くのではなく、

必ず、途中式なり考え方なりをノートに書く習慣も大切です。

 

小学校の学習内容なら、まだいい成績はとれるでしょうが、

中学や高校になると、通用しなくなります。

 

完璧を求めすぎ 

・・・いつも正解を求めますと、

お子さんは間違えることを恐れるようになり、委縮してしまいます。

柔軟な応用のきく学習ができなくなります。

 

テストで90点だったとしても、

できなかった10点を責められると、お子さんもつらいです。

テストで50点だったとしても、

まずは、できた50点を認めてあげましょう。

 

これは、作文でも同じことです。

どんなに誤字脱字が多くても、主語述語がねじれていても、

内容が幼稚でも、必ずどこかに、きらりと光るものがあります。

そこに目を向けてほめてあげましょう。

これだけで作文が得意になります。

 

30年以上教えてきても、

ついつい、このような3つの間違いをやってしまいがちです。

まったく、エラそうなことなんか言えません

 

人に教えることって、ホントに難しいですね。

意外に思われるかもしれませんが、

1対1の個人指導とか、2対1の個別指導とか、

人数が少なくなればなるほど、教えることが難しくなります。

教える側にスキルがなければ、

かえってお子さんをダメにしてしまいますし。

 

学文塾の「1:1個人指導」と「2:1個別指導」コースは、

塾長か、指導歴10年以上のベテラン講師が担当します。

勉強内容を教えるだけではなく、

「自覚学習」を身につけるための、特別限定コースです

「自覚学習」を身につけるための1名個人指導/2名個別指導コース

 

*************************************

     夏の募集キャンペーン中です! 

 

■7月スタート生 3名様 残り2名様 入塾キャンペーン 
 ①入塾金10,000円が0円
 ②7月分の月謝が無料 
 ③合否判定テストが1回無料で受験 
こちらもご覧ください ⇒ 「入塾の流れ」

 

■夏の講習 3名様 限定キャンペーン
 ○100時間の講習でも50,000円に!
  講習費が内部生扱いに 1コマ60分:1,000円⇒500円 
こちらもご覧ください ⇒学文塾の夏の講習

 

■レプトン 3名様 残り1名様 夏の入会キャンペーン 
 ○入会金:10,000円が無料に ○7月分月謝が無料に
こちらもご覧ください ⇒学文塾レプトン六町教室
 
☆お問い合わせ時に「夏の募集キャンペーンを見た」とお伝えください。

 

*************************************

学文塾

住所 〒121-0075 東京都足立区一ツ家2-20-10 ウィンザーパレス A-105
TEL 03-3850-7714
アクセス つくばエクスプレス・六町駅より徒歩7分
お電話&ご来塾の場合
午後2時~午後9時が確実です。
日曜日は休みの場合があります。

当店faceboookのはこちら
http://on.fb.me/1WscoVT