お問い合わせはこちら

ブログ

「目標を設定する」・・・それはいいこと?

2018/06/07

「目標を設定する」・・・それはいいこと?

テストの目標点、志望校・・・、

目標を設定して、それに向かって努力する。

 

それが当たり前のように言われ、

そう信じ込み、思い込まされてきたように思います。

 

それって、誰にでも言えることなの?

誰にでも当てはまることなの?

ずっと、心の中で引っかかるものがありました。

 

我が身を振り返ってみても、

目標を設定し、こつこつ努力を積み重ね、その目標を達成した、

そんなことってあったかな~。ほとんど記憶にありません。

 

だから、今の現実、と言ってしまえばそれまでですが。

何も苦しいことを好き好んで努力することって、性に合っていませんし。

 

ワタクシ、坂道マニア、階段(特に石段)マニアですが、

歩いているうちに、階段を上ているうちに、

いつの間にか、ある地点に、ある高さに到達していた。

後ろを振り返って、

こんなところまで、こんな高さまで登ってきたんだ、

と思う時がいちばんの充実感でありまして、

歩いていること、上っていることが楽しいのであって、

頂上までのばってしまったらもうつまらない。

充実感も達成感もありません。

 

上りきったら、ほかの坂道や石段を見つける。

その下に立つと、ぞくぞくします。

尾道に住んでみたい。東京スカイツリーを階段で上ってみたい。

その願いと今の体力には、大きな隔たりがあるのですが。

話がそれました。。。

 

それは「正しいこと」と言われれば、

信じ込んでしまうことってよくあります。

違和感を感じながらも、

そのほうが、何かと都合がいいから、

疑ってかかることや、確かめてみることがメンドウだから、

「正しいこと」にしておこう、そう思い込もうとすることがあります。

 

例えば、

「宿題をやれば、成績が上がる」

小学生や中学生や高校生の時、

宿題をきちんとやったから成績が上がった、

という実感は、残念ながらまったくありません。

 

宿題をやっていかなければ怒られるし、

成績に響くから、しかたなくやっていただけ。

 

「宿題は、学習習慣を身につけるために有効」

だらだら、いやいや宿題をやっていたら、

だらけた学習習慣が身について、かえって逆効果なのでは?

学文塾

住所 〒121-0075 東京都足立区一ツ家2-20-10 ウィンザーパレス A-105
TEL 03-3850-7714
アクセス つくばエクスプレス・六町駅より徒歩7分
お電話&ご来塾の場合
午後2時~午後9時が確実です。
日曜日は休みの場合があります。

当店faceboookのはこちら
http://on.fb.me/1WscoVT