お問い合わせはこちら

ブログ

bとdの区別がつかない

2016/05/11

bとdの区別がつかない

英語の単語の綴りで、bとdを取り違える子がけっこういます。

 

英語を習いたての小学生や中学1年生の話ではありません。

英語の苦手な中学2年生や3年生、高校生にもいます。

 

小文字のbはBの右上の線がなくなったものです。

dはDと向きが違うから間違うのでしょうか?

bedで覚えるように言っています。ベッドの形になっていますから。

でも、たいして効果はありません。

 

アルファベットを文字としてではなく、

象形文字のように図形として認識しているのかもしれません。

 

塾では、小学生に週1回20分くらい英語を取り入れています。

アルファベットの大文字小文字の書きは、まず最初に教えますが、

単語の綴りや英文を書かせたりはめったにしません。

それをやると英語嫌いになりますから。

 

フォニックス学習だけで十分です。

週1回20分程度でも、3か月か6か月で英文がスラスラ読めるようになります。

もちろん、中学に行っても英語を苦手にしたりはしません。

学文塾

住所 〒121-0075 東京都足立区一ツ家2-20-10 ウィンザーパレス A-105
TEL 03-3850-7714
アクセス つくばエクスプレス・六町駅より徒歩7分
お電話&ご来塾の場合
午後2時~午後9時が確実です。
日曜日は休みの場合があります。

当店faceboookのはこちら
http://on.fb.me/1WscoVT